まりこまりぃ。の部屋語り

毎晩の晩酌は純米酒と芋焼酎。エプロンよりも割烹着。掃除機よりも箒が好きなの。お出汁を生かした料理が得意で・・昔ながらを愛するインコ2匹との穏やかな日々。

「最悪」奥田英朗

今日は珍しく5時に起きた。2度寝をするには惜しい気がして薄暗いを外に出てみると

肌触りは湿っていて、肥しの匂いが漂っている。


思い立ったら、即行動!の性分だったから、こんな日は釣りに行ったり温泉行ったり、昔は身軽だったなぁ。



ウランバーナの森に続き、奥田英朗の「最悪」。

映画を観ているようなスリルとリアルな人間の描写に刺激を貰ったわ(〃`・н・´〃)

途中で、胃が痛くなりそうな程、残虐なシーンもあって、

「次のページに行くのが怖いいい( ̄⊥ ̄lll)」って思っても

ついつい先が気になって、一気に読んじゃった。


ノンフィクションだけど、人が罪を犯してしまう心理状態や感情を肌で感じる事が出来たの。



「人は見かけによらない」


他人からは普通の生活をしてる女性に見られてるんだと思うけれど、実は面倒な病を抱え治すた為に長い治療を続けていたり、父とも上手くいってなかったり、ぱっと見では、それは映らない。。。



NHKの72時間を見ていても、波乱の多い人生を送っている人程、明るく前向きで「笑顔が素敵」


苦労や悲しみは人を変えるパワーがあるからなんだろうか。



「隣の芝生は青く見える」って言うけれど、よくよく見たら赤いかもしれないよ( ̄▽ ̄;)

手入れされてない所があったり、長い目で見ないと分からない事が沢山。


人との付き合いでも、ここ嫌だなって思う所があっても、長い付き合いになればなる程

気にならなくなり、それも含めて一緒にいたいと思える存在になっていくのよさ。



時間をかけて、ゆっくりと心の目で見ていこう!











まりこまりぃ。の部屋語り

毎晩の晩酌は純米酒と芋焼酎。エプロンよりも割烹着。掃除機よりも箒が好きなの。お出汁を生かした料理が得意で・・昔ながらを愛するインコ2匹との穏やかな日々。