まりこまりぃ。の部屋語り

毎晩の晩酌は純米酒と芋焼酎。エプロンよりも割烹着。掃除機よりも箒が好きなの。お出汁を生かした料理が得意で・・昔ながらを愛するインコ2匹との穏やかな日々。

紀子さんとわたし7


GWに入りましたが、皆さんいかがお過ごしですか?


私は人ごみが嫌いなので、いつも通りです







先日、久しぶりに、紀子さんに会ってきました


施設に入って3か月




部屋に入った時、午後だというのに

カーテンが半分ほど閉まっていて薄暗く

テレビも付いてなかった




個室の人は、あまり気にかけて貰えてないみたい




私は今でも思ってしまう




あのまま自宅で介護を続ける生活をしていた方が今より

良かったのではないか。。。。




見慣れた部屋で、使い慣れたテーブルで食事ができる

調子が良ければ、お散歩もできたかもしれない




だけど、これは家族が決めた事だから仕方ないんだよね





ただ寝ているだけの生活になってしまった紀子さん




私の事は、やはり忘れてしまっていた




自分の意志が通じなくなった環境に置かれれば

誰でもそうなってしまう。




だから私は、この日紀子さんと沢山歌を唄いました




道具が無くても、どこにいても

二人で楽しめる、唯一の事



何度か笑顔も見れた




紀子さんの笑顔は、とっても素敵なのです




ふとテーブルを見ると、ご家族から私へのメッセージが書かれた

メモがあった



「本当に来てくれるとは思ってなかったので姉も喜んでいると思います

ありがとうございます」





その時、懐かしい音色が・・・


紀子さんの家にあった壁掛けの時計は1時間置きに


アメージンググレイスが流れるのだ




今は施設だけど、その音だけは、あの頃のまま



目の前にはすっかり元気のなくなった紀子さん




ヘルパーとして、元気な紀子さんを知ってただけに

胸が締め付けられる






帰る頃に


「私達お友達だったんですよ^^」って声かけたら


「そうだよねぇ!そうだったよね」って答えてくれた




知らない人が尋ねに来るというのは

紀子さんにとって、嬉しい事なのか分からない




だけど記憶の隅に、まだ私がいるのかもしれないと思うと

まだ、尋ねに行く意味があるのかもしれない




また、一緒に歌を唄いましょうね






まりこまりぃ。の部屋語り

毎晩の晩酌は純米酒と芋焼酎。エプロンよりも割烹着。掃除機よりも箒が好きなの。お出汁を生かした料理が得意で・・昔ながらを愛するインコ2匹との穏やかな日々。